loader image

キャリア二十年-、B型ウェブクリエイターの思想と偏見と…。

ウェブ制作者が現場から赤裸々に語るウェブ制作に関する技術的な備忘録&雑記帳(偏見+愚痴多め)

自社のGoogle Mapレビューを確認しよう

企業サイト制作案件で会社概要ページにGoogle Mapを埋め込むのは今では標準になってますよね。

Google Mapは施設やお店等に対してレビューを書き込む機能があるのは知っていますか?もちろん、企業にもレビューを書くことが出来ます。Googleアカウントを持っていれば誰でも自由に書き込むことが出来るのです。

数年前、ある歯科医から歯科衛生士と歯科医院をマッチングする転職案内サイトを開発してほしいと、初取引の代理店から先方との打ち合わせに同席して欲しいと打診がありました。

ある程度要望を聞き、(概算)見積書と提案書を携え、後日その歯科医院へ初打ち合わせに伺いました。代理店担当者ともこの場が初顔合わせ。

印象は最悪で、代理店担当者はネットビジネスの経験が無い模様で(今思えば、何の代理店だったんだろうw)、何をどう進めたら良いかオドオド…。院長は高級?ソファーにふんぞり返って上からマウント…。

何も事が進まないので、わたしから「では、さっそくご提案させていただきますね。」と提案書をこの二人に配ろうとした瞬間、「あのさ、代理店から俺が何をしたいかって聞いてるよな?」「何故今からあなたの提案を聞かなきゃいけないんだ?」と超高圧的な態度…。

「代理店と打ち合わせして、どうするのか結果を教えてくれ」と、最初は「いかにも金持ちな豪華な応接室」に通されたんですが、邪魔だとかで「こ汚いスタッフルーム」に移動させられ、そこで代理店担当者と打ち合わせするハメに…。(お茶すら出なかったな…草)

取り敢えず代理店担当者へ提案書と見積書だけ手渡して「バイバイ」したわたし。

後日、その代理店担当者から電話で「御社の社風や制作開発環境を見たいので伺ってもいいか?」と打診され、内心(いきなり会社の規模や環境を見たいなんて、この代理店も失礼なヤツだな……。)と思いつつ、「失礼ですが、先日のお打ち合わせで、提案する前に○○院長から言われもない叱責を受けましたからね…。これ以上本件が進んだとしても、○○院長と快く本件が進展するビジョンが見えてこないので、申し訳ないですが他の業者をあたってください。」と丁重に?お断りしました。

で…やりとりの電話を聞いてた当時の同僚に「何かトラブル?」と聞かれたので、「こんなヒデェヤツらでさ…w(もう客とも思ってない)」と笑い話に…同僚に「どこの歯科医院なの?」と聞かれたので、「ココだよ」とGoogle Mapを開いて歯科医院の場所を教えたついでに、レビュー欄を覗いてみたら…

まぁ、この歯科医院で治療を受けた患者さん達からの低評価と、酷い治療をされたという内容の書き込みが連投されてて、同僚と爆笑した!って話です。

どーせ、患者さんにも高圧的な態度で治療してたんだろ?と…(高圧的な治療って?…ワラ)

もしかしたら、あなたの会社もGoogle Map上でお客さんや辞めた社員から酷評されているかもしれません。

一度自社のGoogle Map(のピン)を覗いてみては?笑